正しい使い方を知る必要

女性

目に入れるからこそ大切に

カラコンは、通常のコンタクトとは違います。コンタクトは、視力の低下を補助してくれるためのものです。しかし、カラコンは主に、瞳の色や大きさを変え、ファッションとしての目的で使用されます。中には、外国人の瞳のような色になれるカラコンもありますが、特に人気なのは、ナチュラルなものです。ナチュラルなカラコンは、日本人の瞳に合った、黒や茶色がほとんどです。ナチュラルなカラコンは、カラコンだとバレにくいです。その為、自然な印象に仕上がります。この、ナチュラルなカラコンの使い方ですが、正しい使い方があります。普段コンタクトをつけない人は、使い方をしっかり知っておいてください。まず、装着方法を知りましょう。コンタクトと同様、カラコンにも表裏があります。表裏を間違えてつけてしまうと、目が痛くなります。表であることを確認して、目に入れるようにします。また、カラコンは種類やモノによって、使用できる時間が違います。一日だけ、一週間だけ、などその期間に従いましょう。これを守らないと、目を傷つけることになります。まだ使えるから、といって期限を過ぎないようにしてください。そして、使ったあと、再度使うのであれば、洗浄は必ず行いましょう。目に入れるものは常に清潔でないといけません。汚れたままのものを使うと、雑菌が侵食してしまうかもしれません。この時、水道水は不純物が含まれている可能性が高いので、使用しないようにしましょう。洗浄は、専用の洗浄液で行います。以上が、簡単にではありますが、正しいカラコンの使い方です。もちろん、付ける前に取り扱い説明書などをきちんと読むようにしてください。